ted's flava of sounds

最近はほぼNative Instruments関連のブログです・・・

【Apple iMac21.5” Retina 4K Late2015】 Review Vol.3 〜 戸惑う部分を補うべく、今更にしてGoogle Chromeへ挑戦。

f:id:ted_di28:20160422180149j:plain

とにかく触ってるだけで楽しいiMac

前回記事では「画質」「音質」及び「処理速度」について簡単な感想を述べましたが、今回はPC作業の原点・醍醐味である文字入力の件について一言、二言・・・。

自分の場合、PCを使う作業としてはDTMや本ブログの執筆&投稿を中心にネットや動画検索とその閲覧を主な使用役割としています。そこでこのブログも早速iMacで・・・と思って触り始めた時にいくつか気付いた点があったので記しておきます。

まず良い点というかメリットというか、やはり画面の美しさと文字の繊細さ、見やすさは特筆すべきものがあり、編集作業に関しては、Windowsを使って感じていたストレス(特に目の疲れ)が一気に解消しそうな予感がします。Mac OSの機能「ライブ変換」も見事で、いちいち何度もスペースキー押して変換させる必要がないため非常に便利です。

一方でMacに不慣れなせいか、次のようなデメリット、疑問点が生じています。

・Magic Keyboardが小さく触り慣れないため、右側のリターンキーを押す時にその横の【「、」】マークを押してしまう・・・頻繁に。ん・・・これはデメリットでも何でもなく、己のスキル次第。

・かな入力の状態で「shift」を押しながら英単語を入力したい場合、Windowsでは正確に入力出来ていたがMacだと一度英数入力に切り替えないといけない。

Magic Mouse 2で操作している時に勝手に拡大されることがしばしば。多分微妙な指の動きに反応しているせいか。ページが飛んでしまうことも多々あり。

・「shift+command+3(又は4)」でのスクリーンショット撮影後、デフォルトではファイルがデスクトップに保存される。→設定で変更済み。

スクリーンショット画像のファイルサイズが大きすぎる。→標準アプリ「プレビュー」で修正可能。

・「Finder」機能を100%理解出来ていないため、ファイル保存とその管理、運用にやや手間を感じる。iOSデバイスとの連携、同期が素晴らしすぎてまだ付いていけていない・・・。

・ブラウザとの連携編集の段階でモタつく。大まかな流れはWindowsと差異はないものの細かい部分で違うことをやろうとすると指が止まる・・・。

f:id:ted_di28:20160422190043p:plain

・・・。

MacにはApp Storeで購入可能なアプリが無償のものを含め膨大な量が存在しており、Google Chrome拡張機能を使えばその利便性はこれまた無限大だと言われてたりもするので、今感じている不便な面についてはそれらの導入と日々の学習、慣れで解消出来ると思っています。自身の探究心が強く刺激され、そのモチベーションも高まっている現状、Macの面白みを体感中。もう確実にWindowsには戻れません。

あと、Windowsと比べてソフト供給(対応)量に乏しいと言われるMacですが、実際触ってみるとその自由度の高さであったり、想像を遥かに超える実験性の豊富さに圧倒されます。そのような不満点を凌駕する機能性がMacには確かに存在しているし、Ableton Live、Logic Pro X、Maschine、Traktorを使用したDTMやPCDJ環境の構築を前にして、まだまだ覚えることが多く、それが楽しみの一つになっています。

f:id:ted_di28:20160422191727p:plain

また、SSD(256GB)による高速な動作環境を手に入れた反面、ストレージ「容量」に早速不安を感じているのは購入前から想定内の事実。Logic Pro Xの音源と勢い余って入れ始めたMacアプリの影響で着々とストレージを圧迫中。これでDTMに着手となると間違いなくヤバい状態。外付けHDDの出番が目前となっていて、今考えているのがIO DATAのこの機種。 

 

 500GBか1TB。何と言ってもiMacなのでデザイン的には白かシルバーを狙い所にしています。

まぁそんなことを考えつつ日々iMacとの格闘が続いているわけで・・・。

最近突如、Macbook 12"に新色ローズゴールドが加わったようで、6月開催が予想されるApple「WWDC2016」でどのような新発表があるか期待が膨らむところですが、現時点でiMacを購入出来たことについては深く満足しています。

マシンのスペックに関しては、自分にとって最高のものだし、不足する点、戸惑う点などは今後アプリの導入やGoogle Chrome拡張機能の導入などで随時補完していく予定です。Google Chromeは既にインストールを完了し稼働開始していますが、評判通りの使いやすさです。Firefoxと比較して体感的に大きなスピードアップがあるかと言えば、そうでもない感じもしますが、ブラウザ自体の創作性や自由度が圧倒的に高く素晴らしい!拡張機能に関してもたくさんありすぎて、最適なものをチョイスするのに一苦労といった感じです。

あとはDTM作業時におけるDAWの快適動作と当初からの狙いであるNI Stemsへの本格挑戦!

やりたいこと、やるべきこと多数です。