ted's flava of sounds

最近はほぼNative Instruments関連のブログです・・・

進化したGarage Band 【Ver.2.1】!これはまさにAbleton Live +Launchpad for iOS!

f:id:ted_di28:20160124133126p:plain

マイナーアップデートとは思えない強力な進化を伴ったGarage Band2.1が発表されたので早速iPadで試してみました。

今回何と言っても注目すべきは、Ableton Liveさながらの「Live Loops」。もう名前からしてAbletonだと言ってるようなもの。

基本的にループ素材を並べて個別&一括で演奏を指示し音を鳴らしていくやり方。Ableton Liveで言う所の「セッションビュー」ですね。

f:id:ted_di28:20160124133032j:plain

また、実際に操作する上での感覚から言ったら、Launchpad for iOSにも似たユーザーインターフェイスとなっているので、Ableton LiveやLaunchpad for iOSのユーザーであれば迷いなくプレイ出来ますね。

縦軸と横軸がAbleton Liveとは逆。Garage Bandのこの並びはLaunchpad for iOS、或いはMaschine等と同様です。(縦がトラック、横がシーン)

上画像で、色分けされたトラック横に並ぶアイコンは「オーディオループ(青)」「MIDIループ(緑)」「ヴァーチャルドラム(茶)」となっており、面白いのはデータ波形が視認可能なこと。どのタイミングで発音されるかが分かるので重宝します。

そして上部の「FX」をタップすると現れる画面下半分のエフェクトにも注目。

これがまたDJアプリ並みの操作性となっており、フィルターやコーラス、ディレイなどをX/Yパッドで直感的にコントロール。これはもはや定番の機能ですが、Garage Band上で使えるというのはまた新しい感覚と言えそうです。エフェクト効果に伴ってX/Yパッド上でキラキラと輝くような演出効果も見事(キレイ)です。

MIDIループ」は文字通り、音色を変えてプレイ出来るので、様々なジャンルに見合ったスタイルでの楽曲制作に役立ちます。

www.youtube.com

 

次回は、これまた新機能の目玉、「ヴァーチャルドラマー」を見ていきます。