ted's flava of sounds

最近はほぼNative Instruments関連のブログです・・・

Komplete10 Ultimate Review Vol.1 【George Duke Soul Treasures】 メロウすぎて4時間悶絶!

f:id:ted_di28:20151109164554j:plain

 

前回までの導入作業が無事完了し、ようやくKomplete10 Ultimateの世界に入ることが可能となりました。

このようなプラグインソフトはDAWの中で読み込んで使用するのが常識なのですが、何せ今回は「初見」なので、まずはスタンドアローンモードでKomplete Kontrolを起動しそこから触っていきたいと思います。打ち込み以前に、まずはそれぞれの音色がどれくらい素晴らしいのか、製品自体の使い方の確認も含めてとにかく時間をかけてじっくり「格闘」していきたいと思います。

 

記念すべき1発目はGeorge Duke Soul Treasures」です。

Komplete10ではなくて、どうしてもKomplete10 Ultimateが欲しかった理由の一つに(というかほぼ大きな要因)、Ultimateにしか含まれない製品がいくつか存在し、この「George Duke Soul Treasures」もそうであったこと。

最大のポイントは「Damage」がUltimateオンリーな点ですが、他にも「Alicia's Keys」「Razor」「Scarbee Funk Guitarist」「Rise & Hit」など、個人的にものすごく興味を惹かれた製品がUltimateだけだった、ということです。

 

f:id:ted_di28:20151109170444j:plain

 

で、この「George Duke Soul Treasures」。

George Dukeと言えば永遠のソウルクラシック「Sweet Baby」が有名なところですが、このジャズ&ソウル界の大巨匠がNative Instrumentsと組んで制作したのが本製品です。

当然の如く、アコピやエレピ(RhodesWurlitzer、Clavinet)を駆使したソウルフル且つ超絶メロウなフレーズが死ぬほど、山のように搭載されています。その数「500」という・・・。

フレーズはそれぞれテンポシンクされた状態でスライスされているので、DAWでの使い方としたらサンプリング、或いは各スライスをビートに合わせて組み替えてループを作るなど、主にHIPHOP系のトラック制作に適した素材であると言えるでしょう。

 

f:id:ted_di28:20151109172239j:plain

 

この画像はView形式を「Plug-In Panel」で表示したものです。いくつかモードがあり表示形式はそれぞれで異なってきます。

MIDIキーボードで使用する場合に表示があると視覚的に便利なのが下部の鍵盤表示。

これは最上部、テンポ数値の横にあるキーボードマークをクリックすればOKです。

 

鍵盤部分は色分けされていて、青色の「ド(C)」から黒鍵を含め8つの音階が、スライスされたサンプルに対応して音を鳴らす仕組みです。鍵盤を押さえっぱなしだと全サンプルをループ再生しますが、押して離すとその鍵盤に対応したスライス箇所だけ鳴って再生が停止します。つまり、鍵盤を押す長さや順序をパタパタと組み替えるだけで、新たなフレーズが構築可能、ということです。HIPHOP系のループトラック制作に重宝しそうです。何よりもまずGeorge Dukeなので、フレーズがメロウすぎ!しかも音良すぎ!なのです。

 

話戻って、鍵盤表示部分の緑色はピッチコントロール、赤色がエフェクトになっていて、PhaserやChorusなどで音色を更に強化出来ます。素晴らしい。弄れるパラメーターは少ないですが・・・。

あと、2か所の黄色は意味不明。

Komplete Kontrol S25ともばっちり連動しています。

 

f:id:ted_di28:20151109174809j:plain

f:id:ted_di28:20151109174956j:plain

 

実際のチュートリアル動画でイメージが掴めると思います。

 


GEORGE DUKE SOUL TREASURES - Keyboard ...

 

この動画に出てるお方、一瞬スパイク・リーかと思ったのは俺だけか。

 

さて、こんな感じでいきなりKomplete10 Ultimateにどっぷりはまる羽目になっています。夜中11:00から500のフレーズを全て聴くつもりなど毛頭なかったのですが、このメロウネスに圧倒され、気付けば3:00。音色のリバース再生機能もあり、逆再生でまたもや素敵なフレーズを発見!みたいな感じで際限なく楽しめるようです。DAW(私の場合はAbleton Live)での使い方も見えてきました。

あと、ソフトウェア上で音色エディットが可能なようですが、これはあまり使わないと思います。既存フレーズの音色だけで十分使えますので。

やれることは単純だし、発展、拡張性に乏しいため、この製品へのユーザー支持が少ないのはそこに原因があるんだと思います。

でも凄く優秀だと思います、個人的には。おすすめです。

 

最後に、心配されたPCの動作に関しても全く問題なく、サクサクやれて非常に快適です。Kontaktが重いだのというレビューが散見されましたが大丈夫でした。

実に凄いKompleteの世界。

1歩目から大いに楽しめています。今後はAbleton Liveとの連携も含め、まだまだやれることも多いので期待が大きいですね。

 


Stanley Clarke & George Duke ・ Sweet Baby - YouTube