ted's flava of sounds

最近はほぼNative Instruments関連のブログです・・・

audio copyを使ってlaunchpad for iPadに音源をインポート!

f:id:ted_di28:20150827195854p:plain

 

過去記事でレビューした「Novation Launchpad」のiOSアプリですが、機能向上と自由度が増したiPad版をちょこちょこ弄っていてようやく「外部音源のインポート」処理が理解出来てきたので紹介しておきます。

 

Launchpad for IpadiPhone)は、画面左上の「Home」ボタンをタップすることでプリセットのキット(House、DubstepHiphop等の音色プログラム)を読み込むことが出来、配置されたパッドを小節、ビート単位で鳴らしていきながら楽曲を編成する流れですが、storeから新たなサウンドパックを購入するか、もしくは自身でダウンロード、もしくは他のアプリで作成した音源WAVファイル等をインポートすることで随時サウンドを拡張することが可能です。

いつも同じサウンドを鳴らしていては飽きがくるのと、作曲の幅も広がらないので、一部「課金」が必要となりますがこの機能は大いに使えるのではないかと思います。

Launchpadアプリは基本的に「LOOP」「ONE-SHOT」等の既存ファイルを使っていきますので、難しい音楽理論は必要ありません。そこらへんも特に初心者の方にもお薦め出来る理由の一つですし、何より簡単!ループを繋ぎ、切り替え、これがピタリとハマった時の爽快感は心地よいですね。

 

さて、「外部音源のインポート」には幾つかの手段がありますが、一番ポピュラーなのはDropbox経由なんでしょうか・・・?今回はRetronyms社が開発した「Audiocopy」の機能の一つである「Paste Audio」を使用しています。

 

f:id:ted_di28:20150827202410j:plain

 

Audiocopyは画面起動後、画面上部で「Sounds」(取り込み済みで使用可能な音源)、及び「Content Store」を切り替えることが出来、このContent Storeでは、Loopmasters、AKAI(iMPC)等によるループ音源集を購入可能です。様々なジャンルが収録されており、それぞれが非常にハイクオリティ!デモ試聴と参考ループが確認出来るので自分のイメージに合った音源を購入すれば良いだけです。

 

iPad版はまだ最近やり始めたばかりなので、ようやく・・・な感はありますが、まず今回、AKAI  iMPC「Urban Slow Jamz」を試してみることにしました。

 

 

f:id:ted_di28:20150827203656j:plain

画面上部の「Sounds」から「iMPC Urban Slow Jamz」を選択、タップするとLOOP、ONE-SHOTがあり、それぞれのサウンドを試聴出来ます。

これをLaunchpad for iPadへインポートします。

 

f:id:ted_di28:20150827213717j:plain

 

アプリ画面上段右側の「EDIT PADS」をタップし、最下部のユーザーアイコン→上部の「+」から真ん中の赤い「paste audio」をタップします。

この作業を繰り返すことで全ての音源をインポート出来ます。一括インポートの方法が現段階では分かりませんので、一個一個の作業で面倒な部分はありますが・・・これで準備完了となります。

あとはパッド部分の空いている所をタップして好きな音源を選択してやれば読み込み完了、パッドをタップするとループ演奏が開始されます。

 

一見簡単なようですが、他のDAWアプリも同様、理解するために参考となるサイトや動画が意外と少なく、特に動画は英語が大半を占めているため、何となく分かってもいざやってみようとするとなかなか前に進めない、ということが多々あります。一連の流れ、概念が理解出来れば大抵のアプリは同様の方法でインポート&エクスポートが可能です。

ちなみに取り込むWAV等のファイルはあらかじめファイル名を編集し、自分で分かりやすい名前に書き換えておくことを推奨します。大量のファイルをインポートすることになるので、カテゴリー(Drums、Bass、Melodic、FX等)は判別出来ても音色詳細が目視困難となることもありますので・・・。あと「BPM」別に整理しておくことも重要ですね。

 

作成したトラックはSoundcloudYoutube等へエクスポート出来ます。

画面上部の「Recordings」で録音したトラックを試聴、あとはエクスポート先を指定するだけでOKです。

f:id:ted_di28:20150827221219p:plain

 

ということで、これで構築したトラックがこんな感じです。R&BのSlow Jamっぽい感じで良いと思います。こんなのだったら誰にでも出来てしまう所がこのアプリの魅力です。

 

そして、以前iPhone版で作ったトラックはこんな感じになってます。

閃きと感性で多彩なループ構築が出来るので、自由なトラック展開が出来てしまいますね。

途中一部ミスってますがご勘弁を・・・所詮素人はこんなもんですね。

 

これからまだまだこのアプリを極めていく価値はありそうです。

では。