ted's flava of sounds

最近はほぼNative Instruments関連のブログです・・・

素晴らしきSONY MDR-CD900STについてちょっとだけ語る

f:id:ted_di28:20150809164217j:plain


何かと話題性が高いSONYモニターヘッドホンMDR-CD900STを使用してみての感想なんかをちらりと。


本機はあくまでモニタリング用であり、長時間のリスニングには適していないようですが、この圧倒的な解像度と輪郭が超明瞭なサウンドは一度は体験しておくべきだと感じました。

「リスニング志向者は買うな」的なレビューも見かけますが、とにかくこの辺りの解釈は難しくて、要は買いたい人は買えばいいっていう結論しかないんだと思います。

音質は最高です。

但し世間の評価通り、特徴のあるサウンドではありません。低域は弱く、重低音好き、或いは日頃からそのタイプのサウンドを聴き続けている人にとっては、いわゆる「ゴミ」扱いでしょう。

ただ、このMDR-CD900STから放たれる音こそ、何の装飾も持たない純然たる本物のサウンドだということ。そして、この本物の音に向き合いたい人こそ、手に取るべき至宝のマストアイテムだと思います。


工学的理論やら、他機種との比較理論やら、そんな事も大事なんでしょうけど、要は自分の耳に合うか、この音が好きか嫌いか。もう、これだけの問題です。

自分も本機購入までに散々調べ上げましたが、最終的な判断材料は店頭での試聴でしたので、ネット上のレビューだけを過信し過ぎて、本機の魅力体験を放棄してしまうのはあまりにも勿体無いことだとも思います。


なので、モニタリングでもリスニングでも、個人的には超おすすめとさせて頂きます。

多数のヘッドホンを試聴して気になったのはこのMDR-CD900STと、SHURE SRH440でしたね。ハイレゾ関連で推奨されてるSONYのヘッドホンや諸々の機種…全くダメでした。

高額なそれらに比べて約15000円前後で買えるこの2つはまさしく神コスパではないでしょうか。


f:id:ted_di28:20150809171956j:plain


どんなジャンルを聴くかによっても、音質の判断基準が多少変わるように感じました。

あくまで解像度の問題で、臨場感は強くないのですが、アコースティック系のライブ音源、特にボーカル系は凄まじく感動します。ギターやベースなどの弦楽器主体のインストゥルメント音源も素晴らしいです。

生音を忠実に再現する、というMDR-CD900STの真骨頂です。

打ち込みを使用したR&BやHOUSE、EDMなども聴いてみましたが、面白いことにこれまで聴こえなかったシンセベースのフレーズとか、キック、スネアドラムのリリース残響音なんかが聴き取れるのも一つの感動要素であり、わざわざ本機を購入してまで楽しみたい目的要素にもなるんだな、っていう感じです。

とにかく様々な発見が可能です。


f:id:ted_di28:20150809173308j:plain


デザイン性が弱い?

いやいや、これ最高じゃないですか!長年に渡り伝統の名機とされているんです。昨今のデザイン重視、重低音指向のものとはワケが違います。自分にとっては現段階で最高スペックであり、今後も不動だと思います。


最後に音質の点で、低域は強調されておらず、中〜高域の輪郭が太いので、特に高域が張り上がるボーカルのサビの部分などでは、「刺さる」という表現がなるほどと思わせるレベルで強烈なので、確かに言えるのは長時間リスニングにはご注意を…ということです。


軽量で装着感も最高。

PC&iPadでのDTMを主体に、過去の名盤(個人的にはSOUL、JAZZ系)と再度向き合える環境が築けました。


MDR-CD900STの購入で迷ったらまずは試聴することを強くおすすめします。



SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST